スマホカメラの実力

こんにちは、あけましておめでとうございます。

令和2年になりました。

今回はSONY(ソニー)のスマートフォンxpediaについてのブログです。

最近はウォークマンに興味があるから、同じSONYで、音楽プレイヤーとしても使えるエクスペディアの記事を書くことにしました。

SONYのエクスペディアといえば、一昔前はどのメーカーにも負けないような高性能スマホカメラを搭載していました。

しかし、最近ではカメラの性能だけでいえば他社のスマホに1歩2歩ほど遅れを取っていました。

他者よりもダブルレンズにするのも遅かったです。

しかも、リリースが遅かった割には、最初のダブルレンズカメラスマホもイマイチな性能でした。

その後にトリプルレンズのiPhone11が発売したこともあり、私としてはExpediaは他社よりも劣るようになった印象があります。

トリプルカメラのXperia 1

そしてxpediaで初のトリプルカメラが搭載されました。

やっと来てくれたか!というかんじです。

軽くスペックを書くと 約1,220万画素/約1,220万画素/約1,220万画素 になります。

SONYはミラーレスカメラを製造している会社でもあります。

そのノウハウを存分に生かしているそうです。

瞳AF(瞳にピントを正確に合わせる機能)が搭載されています。

これはスマホでは初のことです。

やっぱり日本の企業には頑張ってほしい気持ちがあります。

今のソニーの偉い人は外人が多いと聞きますが(笑)

カメラ屋にウォークマンがありました。

(´-ω-`)こんにちは、弟子の方です。

最近登場していませんでしたが、このブログは僕の師匠と二人三脚で運営しております(笑)

僕はカメラに興味がありますが詳しくなくて、詳しい師匠に初心者にも分かりやすく教えてもらっていました。

ちなみに最近の記事は殆どが師匠の執筆になります。

カメラ屋に立ち寄ったらウォークマンがありました。

オーディオもカメラ屋の分野なのでしょうか!?

普通の電気店にはない、ハイグレードのモデルまで販売されていました。

それ以来ウォークマンが気になる僕(笑)

実はクラッシックが好きな僕は今更ながらハイレゾなるものに興味があります。

ウォークマンにも色々な種類があります。

店にはありませんでしたがNW-WM1Zという商品は30万もするそうです・・・

今も人気

カメラ屋でウォークマンを見つけるまでは、今更ウォークマンという思いでした。

iPodにお株を奪われた時期があり、僕はその世代だったのでピンときませんでした。

ウォークマンといえば、昔の人が使っていたイメージでした。

僕の周りは全員iPod、それすらも今は昔、今やスマホになりました。

なので、接点もなく全くの盲点。

数年前から人気が再燃しているそうです。

古いiPodと、スマホの音しか知らないので、今カメラについで興味がある一つです。

しかし、ヘッドフォン、イヤフォンにも拘る必要があります。

それが購入をためらっている一つです、どれを買っていいか分からないです(笑)

ミラーレスカメラの位置づけ。

こんにちは!

世間一般にカメラは色々ありますが、現在では大きくわけてこの4つでしょうか?

スマートフォンカメラ、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレスカメラ、一眼レフカメラ。

コンデジに関しては、撤退するメーカーもでてきて、このまま消えていきそうなので入れるか迷いましたが、一応入れました。

画質の順番

 

画質の順番に並べます。

一概に正しいとは言えませんが、今はこういう位置づけになっています。

一眼レフ > ミラーレス > コンデジ > スマホカメラ

コンデジに関しては、スマホに市場を持っていかれた感じになっています。

一昔前では、高い機種のスマホのカメラでさえ、コンデジには敵わないというのが常識でしたが、現在ではスマホの機種によっては、そこら辺のデジカメよりも高画質なものが出てきました。

しかし、コンデジ市場も縮小ながらも、各メーカーは高性能機種を出しています。

家電量販店に行けば分かりますが、安いコンデジはもう並んでいません。

店によってはコンデジ自体並んでなさそうですけどね(笑)

やっぱりスマホカメラは、ズームに弱いです。

スマホの場合は、ズームではなく厳密には画像の引き延ばしなので、荒くなります。

そしてミラーレスカメラ。

これも一眼レフの市場をじわじわ浸食しています。

早急な変化ではなく、まだまだ数年はかかるでしょうが、そのうちプロでさえもミラーレスにシフトチェンジしていく時代がくると思います。

寂しい気もしますが、時代のニーズによる変化ですね。

新しいiPhone、発表されましたね

 

新しいiPhoneが発表されました!

9月20日発売ですが、カメラの性能が上がっています。

他のスマホではすでに実装されていましたが、iPhone初のトリプルカメラ。

夜の光に強いことも売りみたいですね。

軽く性能は観ていましたが、実はiPhone10からiPhoneはノータッチでした。

iPhone 11 Pro

カメラ以外の事は詳しくないので分かりませんが、iPhoneのカメラは年々進化をしていますね。

iPhoneの超広角カメラ、広角カメラ、望遠カメラ。

スゴイ時代になりました。

それだけ、各社のスマホ競争は激しいということですね。

数年前まで、スマホのカメラはこれ以上性能は上がらないだろうと思っていまた。

なぜなら、レンズの厚みに限界のあるスマホは、どう頑張っても一眼レフのレンズに遠く及ばなかったからです。

一眼レフと、スマホのレンズ、違いも厚みも大きさも何もかも違いますよね。

物理的に限界があるのです。

ですが今回の売りの一つでもある、ナイトモード。

明るさが極端に少ない場所でも、綺麗に撮影できるらしい。

暗いところで撮影をするときは、シャッターを開けっぱなしにしておく必要があります。

限界があるでしょうがどこまでナイトモードで撮影できるか楽しみです。

iPhone11proに機種変更しようか迷っています。

将来のスマホカメラの進化への期待

もしかしたら、将来スマホカメラの技術が上がり、一眼レフやミラーレスに追いつく時代が来るかもしれませんね。

そんな淡い期待を抱いています。

その頃には死んでるかもしれませんけど。

もうスマートフォンも、無くなっているかもしれません。

先日富山の解体業者に頼み、家の解体をしました。

荷物整理中に、昔のガラゲーや、ポケベルも出てきました。

懐かしさと共にポケベルに関してはサービスも終了、誰も使っていません。

スマホも無くなっていくのかもしれませんね。

用途に合わせた、カメラ選びを

こんにちは、カメラを始めたいと思うと、当たり前ですがカメラ選びが大事です。

ですが、張り切り過ぎて、必要以上に良いものを選び、買ってしまいがち。

それが悪いとは言いません、ですが用途によっては、宝の持ち腐れになる可能性があります。

インターネット利用

そのもっともいい例がインターネットに画像を載せる時です。

もちろんスマホと比べると、いい画像を載せることはできます。

でも、ミラーレス同士だと、ネットで見る分にはあまり変わりません。

それはなぜか知りたいですよね!!

高画質のカメラで撮った写真というのは、ものすごい容量があります。

それこそ、そのまま載せれば、写真が重すぎてネットの観覧が満足にできない。という事態になります。

通信制限がある、スマホなどで観覧すると、すぐに制限がかかるくらい大きいのです。

だから最近のブログやSNSには、自動で画質を落とす機能があります。

つまり、画素数を自動的に減らすような仕様になっています。

そのため、そのままブログに載せることはできないことが多いのです。

たまに画像が沢山あり、重くてストレスが溜まるサイトってありませんか?

そういうサイトは観覧されず、すぐにそのサイトから抜けます。

ということで、ネットに載せるなら高性能でも、画質が落とされるのです。

画質が落とされると、ネットに上げるのが目的の場合は、あまり意味がなくなってくる可能性があります。

用途によっては、エントリーモデルのミラーレスでも問題ないとカメラ屋は言うでしょう。

何を撮るか、どこに行くか。

(‘∀’) 「先生、僕はカメラで何を撮っているのですか?」

(=_=) 「私は景色の綺麗なところに行ったり、街並みや家族、月も撮ったりしますよ」

(‘∀’) 「月ですか!撮るのに時間がかかり難しいと聞きます」

(=_=) 「もしかして、撮りたいものが分からないのですか?」

( ;∀;) 「・・・そうなんです、迷走中で分かりません」

(=_=) 「そうですか、初めて買う人がよく悩むことですね」

(;’∀’) 「先生、それは一体なぜですか?」

(=_=) 「カメラを買おうと思うと、いつの間にか、カッコいいカメラ本体に意識が向いて、何を撮りたいか、肝心な目的を考えてなかった、いつのまにかブレてしまったりしがちです」

(;’∀’) 「たしかに、ただ漠然と景色を撮りたいなーとか、動物を撮りたいなくらいにしか考えてなかったかも」

(=_=) 「本当は買う前に目的をもってカメラを買う方がいいんですが、目的がないまま買うと、すぐにカメラを辞めてしまう人もいます」

( ;∀;) 「身に染みるお言葉です」

(=_=) 「でも安心してください、私も君のように、いつの間にかカメラを持っているカッコいい自分に目的が変わってしまって購入した口です」

(‘∀’) 「それは意外ですね、ビックリしました!」

(=_=) 「色々言いましたが、結局のところ買ってみないと分からないのがカメラです、目的をもって買っても、飽きる人は飽きます」

(‘∀’) 「じゃあ、何を撮るか、どこに行くかが大事なんですね!」

(=_=) 「買うなら撮る方の目的を明確にしておいた方が良いと思います」

ソニーのフルサイズミラーレス

 

こんにちは、僕はソニーというメーカーが大好きです。

これはミラーレスカメラだけの話だけではなく、ソニー製品全般です。

ウォークマン、テレビのブラビア、PS4、Xperiaなどなど!

もちろん、ソニー製のミラーレスカメラも!

なので、タブレットがここ数年発売してなく、撤退説まででているのを見て少しショックだったことを思い出しました。

 

世界初の、フルサイズミラーレスはソニー

 

有名な話ですが、世界初のフルサイズミラーレスを発売したのはソニーです。

それまで見向きもされなかったそうです。

当時は、ソニー製のミラーレスカメラを使っていようものなら、笑われた。

という話まであるとかないとか。

 

しかし、ミラーレスフルサイズカメラα7が誕生して評価が一変して、フルサイズのミラーレスでは、全体のシェア40%を占めるようになりました。

それまでの道のりは険しかったみたいですが。

ミラーレスフルサイズカメラα7を発売してからは、それまでカメラの2大メーカーだった、キャノンとニコンもミラーレスのフルサイズカメラ市場に参戦。

SONYがミラーレスのフルサイズ市場においては追われる立場となったというのも、凄いことだと思います。

 

初めてカメラ屋に行ったときに、最初に勧められたのがソニー製のカメラだったことを思い出しました。

もしかしたら、そこからソニーが好きになったのかもしれません。

 

私はもうミラーレスはソニーから乗り換えることはないでしょう。

軽くてコンパクト!ミラーレスカメラ

(*’▽’)こんにちは!

カメラというのは、重かったりデカかったりすると、持ち運びにはすごく苦労します。

買う前は、大したことないと思いがちですが、せっかくの高い買い物が無駄になることがあります。

オシャレで軽くて、持ち運びも便利がミラーレスカメラ!

と僕なんかは思っていたのですが、実際は全然そんなことはありませんでした。

ミラーレスカメラの重さもピンからキリまであります。

 

 

買ってから後悔しても、遅いということになりがちです・・・

実は数か月前についに僕も「ミラーレス・デビュー」しました!

ですが僕の買ったミラーレスはとても重くて、、

買う前は僕も「重いとはいえ、ミラーレスだから大したことないだろう」と考えておりました。

ですけど買って、持ち運んで分かった、カメラが重い辛さ。

気軽に出先で撮りたい場合は、持ち運ぶには重いミラーレスには無理がありました。

とにかくかさばるし、荷物が多くなるし、肩がこるし・・・

たかが、数十グラムと侮るなかれ、やっぱり日頃からにインスタ映えにこだわる僕みたいな人の場合は、常にカメラを持ち運ぶので、軽いことを第一条件にミラーレスカメラを選べばよかったと後悔しています。

 

オススメ軽量ミラーレスはコチラ!

Panasonic LUMIX DC-GF10/GF90

 

コンパクトがうりのミラーレスカメラで、自撮りに強いという特徴があります!

何より、デザインが可愛いです。

写真にこだわるなら、撮るカメラにも拘りたいですよね。

ミラーレスカメラは人気のメーカーを選ぶ!

 

(=_=) 「こんにちは、本日もよろしくおねがいします」

(*’▽’) 「師匠~相談があります!」

(=_=) 「なんでしょうか?」

(‘◇’)ゞ「はい、実はミラーレスカメラのメーカー選びで困っております」

(=_=) 「ふむふむ、最初のカメラですし、慎重になるのも分かります」

(-_-)/ 「そうなんです師匠、メーカー選びにすごい時間がかかっておりまして」

(=_=) 「メーカーによって、扱い方も違う部分もあるので悩んで選んだ方がいいでしょう」

(=_=) 「それでは、参考程度に1つお話をしたいと思います」

人気メーカー

・SONY・OLYMPUS

・Panasonic

・Canon

(=_=) 「ここら辺がミラーレス一眼の大手ですね」

(*’▽’) 「僕もそのようなイメージがあります!」

(=_=) 「ここら辺がミラーレス一眼の大手ですね、さきほど悩んだ方がいいでしょう。と言っておきながら・・・」

(;’∀’) 「言っておきながら・・・?」

(=_=) 「最初は直感で買ってもいいと思います」

(;’∀’) 「なんと・・・それはなんででしょうか?」

(=_=) 「カメラは天井がない世界だと思います、ハマればハマるほど絶対に次々に新しいレンズやカメラが欲しくなってきます」

(*’▽’) 「なるほど、、新しく買っても、満足できなくなってくるということでしょうか?」

(=_=) 「そうですね、とりあえず先ほど候補に出した人気メーカーで、財布と相談したミラーレスカメラがいいと思います」

このサイトは、あまり専門用語を使いません。

 

(‘◇’)ゞ師匠~!今更ですが、新型iPhone出ましたね~!

(=_=)・・・それどころか、既に新型iPadもでていますよ・・・

(;’▽’)ちょっとばかし話題に乗り遅れましたが・・・

(*’▽’)ところで、今回の新型iPhoneのカメラ性能はどうなんでしょうか!?

(=_=)正直いいまして、私はこれ以上スマホのカメラ性能は上がらないだろうと思っていました。

(*’▽’)ふむふむ

(=_=)ですが、今回私はスマホを買い替えてませんので、なんとも言えませんが、感想としてはスマホカメラの可能性を高めたスペックだと思います。

(*’▽’)そうなんですねー、ところで、師匠はいつも僕に教えてくれるとき、スペックの話をあまりしませんよね?

(=_=)それは、このサイトは初心者だけど、カメラ性能を知りたい人向けに書いているからです。

たとえばセンサーや、ポートレートモードと言っても分からないと思うので、どれだけ凄いかを、あまり専門用語を使わずにご説明しています。

(‘◇’)ゞたしかに、分かりません・・・、納得です!